全国の被災地の復興に役立つ情報を届ける【東北復興文庫】プロジェクトが始まります!

デザイン面で関わらせていただいているプロジェクトのクラウドファンディングが始まりました✨

プロジェクトの内容は、【東北の復興】をテーマとした新たな出版レーベル「東北復興文庫」を立ち上げて、「3.11から東北はどうやって復興していったか」といった復興までのノウハウを本にまとめ、全国各地の災害被災地へ伝えるというプロジェクトです。

東北復興文庫

第1弾の書籍の筆者は、一般社団法人はまのね代表理事の亀山貴一さんです。亀山さんは、宮城県石巻市荻浜地区にある限界集落、蛤浜にて「cafeはまぐり堂」の経営と、狩猟・漁業等の地域再生モデルを構築しています。

10世帯にも満たない小さな集落だった蛤浜は、東日本震災で津波被害に遭い、残った民家は4戸、住んでいるのはわずか2世帯のみとなりましたが、亀山さんの取り組みにより、今では年間1万5000人以上の来訪者があるそうです。

どんな流れでそのようななりわいを作ることができたのか、なぜこんなにも人が来るようになったのか、そんな被災地の取り組みのノウハウ・スキルを本にまとめて発信することによって、全国の災害から立ち上がろうとしている地域に光の道筋を与えることができると思うのです。

もはやどこで地震や水害などの災害が起きてもおかしくない状況なので、こういった本が世にでることはとても有益だと思います。

クラウドファンディングでの支援は2月23日までです。みなさま応援どうぞよろしくお願いいたします!😊

▼クラウドファンディングのサイトはこちらです。
「出版レーベル東北復興文庫を立ち上げ、全国の被災地の復興に役立つ情報を届けたい」
https://camp-fire.jp/projects/view/219111

ページ先頭へ戻る